\期間限定/7月 おトクに始める英語学習

新型コロナ騒動でアメリカのスーパーから何が消えた?備えておいて良かったもの

新型コロナでアメリカのスーパーから消えたもの

新型コロナウイルスによる米国初の死者が出た2020年2月29日の土曜日。
同日ワシントン州には緊急事態宣言が出され、その週末から瞬く間に買えなくなったものがありました。

日本での流行のニュースを一か月ほど見ていて、こんなにすぐに生活が変わると思っていませんでした。
品薄状態が一時的なものもありましたが、トイレットペーパーなど長い間店頭から消えたものも。

あまりのスピード感に驚いたので、品薄になったものやストックしておいて良かったものを記録しておきます。(※オレゴン州・ワシントン州の私の見たり聞いたりした限りの様子です。)

ワシントン州・オレゴン州の新型コロナを巡る動き

ワシントン州・オレゴン州の新型コロナウイルス関連情報(日本語)は下記のサイトで確認できます。

米国内で初の新型コロナウイルスによる死者が州に出たと報道された日、ワシントン州に緊急事態宣言が直ちに発令。
土曜日のことでした。
同じころオレゴン州でも初の感染者が確認されており、この週末にスーパーマーケットで品薄のものが早くも出てきました。

ワシントン州のコロナウイルスを巡る動き
2月29日 ワシントン州に新型コロナウイルスによる死亡者発生(米国内初の死亡者)
       州内に他2名の感染者を確認
       緊急事態宣言(ワシントン州) 

3月2日    感染者数18名。6名が死亡

3月16日  店内での飲食禁止娯楽施設の営業停止

3月17日  州全体の学校閉鎖を発表

州内の感染者数1012名。52名が死亡

3月19日 アメリカ国務省が全世界の渡航情報を「渡航禁止」に

3月23日 州に外出禁止令が発動 

4月2日  外出禁止令を5月4日まで延長

オレゴン州のコロナウイルスを巡る動き
2月28日 オレゴン州で初の感染者確認

3月8日   緊急事態宣言(オレゴン州)

3月12日 州全体の学校閉鎖を発表 

       州内の感染者30名

3月16日 飲食店の営業停止 持ち帰りと配達サービスのみ可能に
       25名を超える人の集まりが禁止に

3月19日 アメリカ国務省が全世界の渡航情報を「渡航禁止」に

3月23日 州に外出禁止令が発動

トイレットペーパーなどが品薄に。品出しが追い付かず臨時休業する店も

米国内で初の新型コロナウイルスによる死者が確認された土曜日の週末、早くもトイレットペーパーが品薄に。
このときからしばらくの間トイレットペーパーは見かけなくなりました。
New Seasons Marketなど価格帯の高めのスーパーでも、トイレットペーパーの棚は空っぽ。
(4月中旬現在では見かけるようになっています。)

その他、キッチンペーパー消毒液もよく売れていました。

食料品はパスタお肉冷凍ピザパンなどが品薄に。
野菜や果物は十分にあったように思います。
バナナはかなり緑色のものしかありませんでしたが数は十分でした。

州内の感染者数はこの時点では数人しか確認されていませんでしたが、ワシントン州の緊急事態宣言のインパクトが大きかったのかもしれません。

特に、大量買いのためCostcoWinco Foodsといった大型スーパーに向かう人が増えたようです。

コスコに並ぶ人の多さはブラックフライデーのときより多くなったという声も…。

大量陳列で安値が特徴のウィンコフーズはあまりの需要に品出しが追い付かず、一時臨時休業になったことも。

マスクはアメリカ人はつける習慣があまりないようですが、Amazonで品薄になり価格が高騰しました。
程なくしてAmazonでのマスクの高額出品は削除の対応が取られました。

特に買えなくて困ったものはありませんが、トイレットペーパーや缶詰パスタなどは日ごろから多めに備えておいて良かったと感じました。
水はカートリッジ式の浄水器を使い、替えも用意しておくとしばらく買い物できなくても困りません。

アメリカの日本食スーパーではお米や冷ケースの商品がなくなった

日本食スーパーではアメリカで死者が出る前からすでに品薄の食品も。
日本でトイレットペーパー欠品騒動が起こっていた頃なので危機感を感じた日本人がすでに買いだめしていたのかもしれません。

お米は5キロで20~30ドルくらいの比較的味も良くて買いやすい価格帯の商品がごっそりなくなりました。
極端に安いものや量が少ないものは残っているものもありました。

お米はしばらく見かけませんでしたが、運よく品出ししていて購入できたことも。
見ていると全部を陳列せず、在庫を残してバックに戻していました。
買占めを防ぐために、一気に出さず時間帯を分けて品出ししていたのかもしれません。

お米のほかには冷ケースの商品が品薄に。
納豆冷凍うどんも味が良くて買いやすい価格帯のものからなくなっていました。

新型コロナでアメリカで品薄になったもの

備えておいて良かったもの

トイレットペーパーやキッチンペーパーが長い間買えないのは少し不安でしたが、多めに買ってあったので焦って買う必要はありませんでした。
4月中旬現在では店頭で見かけるようになっています。

冷凍のお肉、缶詰、お米、パスタなどは日ごろから多めに備えておくと安心。
飲料水は買わずカートリッジ式浄水器を使っているのも良かったです。

新型コロナ騒動をめぐる売場の様子の変化には驚きましたが、状況に焦りすぎないことが大切だなと感じました。
2週間程度買い物に行かなくても大丈夫な備えをしておくと安心です。