\期間限定/7月 おトクに始める英語学習

スタディサプリで社会人が英語を6か月勉強した結果。絶対使うべき機能はこれ!

スタディサプリ6か月続けた結果

みーやん
英語を話せるようになりたいけど、そもそも聞き取れないし、発音も理想とは程遠い…

私のように「英語を本格的に勉強したい!と思ったものの何から始めて良いかわからない…」という人にはおすすめです。

みーやん
だって、あんなに聞き取れなかったリスニングが好きになったから…!!

半年後初めてTOEICを受験した結果、スコアは670点(リスニング380点)

ポイントを押さえれば英語のリズムやイントネーションを認識することができるんだなと感じました。
リスニングとスピーキング両方の勉強の方向性が見えてきたのはスタディサプリのおかげ。
社会人になってから英語を本格的に勉強しようと思ったときに出会ったのですが、正直学生時代にやっておきたかった。

みーやん
やみくもにリスニングしていても聞き取れるようにならないことを痛感。

この記事には、

  • スタディサプリ(日常英会話コース)で使うべきおすすめ機能
  • 社会人の私が日本で6か月勉強した効果と感想

をまとめました。

(追記) こちらはスタディサプリEnglishの【日常英会話コース】についての記事です。

現在、【新日常英会話コース】がリリースされています。
新日常英会話コースの会員になると、日常英会話コースの機能も無料で利用できます。

\リスニングと発音改善に/

スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)レッスン内容

スタディサプリはリクルートが運営する学習アプリ。

日常英会話コースではレベルに応じて7つのコースが用意されています。それぞれのレベルをプロの講師が担当。
レベルチェックをして受講をスタートします。

日常英会話コースでは、デイリーレッスンとリスニングプラスが利用できます。

みーやん
リスニングプラスはかなり役立った機能なので、他のコースと併用して利用することを個人的にはおすすめします。

デイリーレッスンの内容

  1. ストーリーのリスニング
  2. 内容理解クイズ
  3. ディクテーション(聞こえてくる音声を文字で入力)
  4. 日本語訳の確認
  5. プロの講師によるミニ講義
  6. スピーキング練習(音声認識機能で発音チェック)
  7. クイックレスポンス(短い会話のやりとりの練習)

リスニングプラスの内容

  1. つながる音
  2. 落ちる音
  3. 変わる音
  4. 短くなる音
  5. 弱くなる音
  6. やわらかくなる音
    これら6つの音の変化をカテゴリ別に練習できます。

特にディクテーション、リスニングプラスが役に立ちました。

みーやん
今まで知らなかったことだらけで、なるほどー!って感動する瞬間も。

スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)おすすめの機能

私の場合、英語が聞き取れないことが何よりの学習のネックになっていました。
何とかコツをつかみたい…と思い、1日10~30分ほぼ毎日続けました。

その結果、6か月後には英語を聞き取るのがだいぶ楽になりました。

リスニングが楽になったポイントは3つあります。

1.ディクテーション

聞こえる文章を入力する練習が良かったです。
分かるまで聞き直しているうちに、文章の中で単語がどのように発音されるのか意識するようになりました。

みーやん
知ってる単語でも全然違うように聞こえるってわかった…。

2.リスニングプラス

リスニングプラスはおすすめのレッスンです!
音のつながるパターンや消えるパターンをカテゴリ別で練習すると、少しずつわかるように。

みーやん
無料体験をするときは、リスニングプラスをたくさん練習することをおすすめ!

3.発音チェックで自分の発音を確認

音声認識機能と動画レッスンで自分の発音を見直せました。
自分の発音が正しいかどうか判定してくれるんです!

できていない発音の動画レッスンは何回も見てコツを確認しました。

みーやん
th、erなど自分の苦手な発音がわかった。
ネイティブの先生の発音レッスンの動画はほんとにおもしろい!

 その結果…
苦手だったリスニングはもちろん、スピーキングも改善した実感がありました。

さらに、対策なしで初受験したTOEICは670点(リスニング380点)だったので効果はあったかなと。

スタディサプリで英語を効果的に学ぶ勉強法

効果実感までの平均月数は、なんと2.8か月!3か月以内に効果を実感できた人が続々!

※「2016年12月スタディサプリENGLISH実施アンケート」より

効果を実感するために、少なくとも3か月は継続してみるのがよさそう。

最後に、スタディサプリを使った私なりのおすすめの勉強法も紹介します。

会話文をチェックするときに、アプリの音声と一緒に文章を読み上げてみる。

すると、最初はスピードについていけないと思います。
私は全然ついていけませんでした。

それは、全部の単語を同じようなスピードで読んでいたから。
それでは全然ついていけないんです。

じゃあどうやってネイティブは読んでいるのかというと、例えば前置詞や冠詞を短く発音している!というようなことに気付きました。

何度も音読するうちにどういう単語が短くなったり前後がくっついたりするのかわかるようになってきます。

みーやん
これを続けると英語が聞き取りやすくなるし、自然な話し方ができるようになる!

スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)で社会人も英語力を上げられる

大人になってから英語をやり直すのは難しいかなと感じていたけど、社会人になってからでも聞き取り能力を上げることができました。

特に役立った機能はこの3つ

  • ディクテーション
  • リスニングプラス
  • 発音チェック

私にはスタディサプリはリスニング・スピーキングどちらにも役立ちました。
やっているうちに、今まで音の仕組みを知らなかったんだから聞こえないのは当然だな…と感じました。

少しずつ英語が聞こえるようになり、自分でもびっくり!
その後の学習につなげることができました。

デメリットがあるとすれば、実際に人とコミュニケーションをとる練習ではないというところでしょうか。
とはいっても、自分ひとりでできるので、発音を間違えても気にせず何度も練習できるのは嬉しいポイント。

オンライン英会話と併用してもいいし、手軽で効果が出る学習方法のひとつだと思います。

無料体験もあるので、詳しくは スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース) でご確認ください。

 

\英語学習のスタートダッシュに。/